なぜ金の糸は肌を活性する事が出来るのか

金の糸治療を考えた人って一体誰なんでしょうか。ガラスを割れにくく強化するためにガラス内部に格子状に針金を埋め込んであるものがあります。金の糸治療はこれを思い起こさせます。金の糸治療はこの技術を応用したものかもしれませんし、金の糸治療を思いついた人はこのガラスを見て思いついたのかもしれませんね。なぜ金の糸を肌の真皮層という肌の皮膚の深い部分に埋める事で、肌が異物を感知して毛細血管をグングン伸ばし始めます。これにより毛細血管に働きで酸素と栄養が今までに栄養分が運ばれていなかった部分にも運ばれえるようになるので、肌が活性されるんです。肌内部で起こっていることなのでその様子を目で見る事はできませんが、1,2ヶ月後には肌の表面で確認出来ます。