合同会社を安く設立するには

学生時代の同期生が、数年前、独立して会社を興したという連絡がありました。
会社はいわゆる有限会社でした。
この有限会社は現在は2006年5月1日の会社法の施行にともない、設立できなくなったのですね。
もちろん新規にはつくれないのですが、現在もそのまま有限会社を名乗っている企業はたくさんあります。
この有限会社にかわる小規模経営の企業法人として新たに登場したのが、合同会社なのですね。
合同会社の設立は、今後、急激な増加を見込めると言われています。
この合同会社を手っとり早く設立できてしまう、行政事務所さんがあるのですね。
合同会社の設立自体には、株式会社と比べますと登録免許税などの設立費が安いのですが、その設立費用をさらに安くして、二万円弱でつくれてしまうのですね。
個人が手続きすれば十万円もかかるところが、五分の一の値段になってしまうとは驚きですね。
※ここも参考になります