気持ちを形で表現できるのが祝電です


結婚式などに招待されたのに、用事があって行けなかったりしたときに、お祝いの気持ちを込めて贈るのが祝電だと思います。
私は身内だけで結婚式を挙げたのですが、会社から祝電が来たときはとても嬉しかったのを覚えています。
おめでとうという気持ちが、ダイレクトに伝わってくるので嬉しいですよね。
しかし、どうせ贈るのならほかの人とは違うタイプのものを贈ってみたいと思いませんか?実は今、祝電は進化しています。
ただメッセージを送るだけではなく、ぬいぐるみなどを添えることが可能なのです。
ぬいぐるみだけではありません。
結婚祝いも一緒に渡したいと思っている人にお勧めなのが、デジタルフォトフレームがついているタイプです。
もし、式場にデジタルフォトフレーム付きで届いたら話題の的になること間違いありません。
もちろんもらった方も嬉しいですしね。
そんな少し変わった電報を送ることが出来るサイトがあります。
電報ドットネットです。
今までの電報とは少し違ったものを贈りたいと思っている人にはお勧めです。
デジタルフォトフレーム以外にもローズボックスやパスポートバックを添えるタイプもあります。
オリジナルの電報を贈って、友達や親戚の結婚式をお祝いしてみませんか?きっともらった方は感激すると思いますよ。