転職したいので、中小企業診断士の資格取得を検討しています。

バブル経済の崩壊以後、誰もが知っているような知名度を誇る企業が民事再生法の適用を申請したり、倒産するといったニュースがメディアを賑わせました。
リーマン・ショック以降も、経済情勢は依然として厳しい状況が続いているように思います。
サラリーマンであれば、いつ何時自分が勤務している会社が倒産してしまうのか、またリストラされるかもしれないといった不安に怯えながら、仕事をこなしているのではないでしょうか。
目先の事だけ考えてしまいがちですが、そういった不安に怯えない為にも、資格を取得しておくことが大事なのではないか、と私は考えています。
他人から裏切られる事はあるかもしれませんが、資格は持っている本人を裏切る事はありません。
また、今の仕事で資格を活かすだけではなく、転職したり独立・開業する時にも、役に立つと思います。
私個人としては、出来るだけ国家資格を取得する事をお勧めしたいですね。
なかでも今注目したい資格といえば、中小企業診断士です。
この国の全企業数に占める中小企業の割合は、約99.7%だそうですから、経営コンサルタントとして活躍出来るフィールドはまだまだ沢山あると思います。
アビバさんも、中小企業診断士の講座を開講されているようなので、私はここで受講したいです。http://www.daiei-ed.co.jp/shindanshi/