自動車関連の商社への就職や転職に英語力は必須なのか?

一般的に商社希望というと、語学力を生かして活躍したいという方が多く、世界へ飛んでバイヤーとして交渉をしたり、海外との交渉を英語で担いたいと意気込む方が少なくありません。
一方、自動車の最新技術や部品製造、車づくりに興味があるけれど、英語には自信がないという方も、自動車関連の商社で働けるチャンスはあります
全く英語ができない、英語を使いたいという意欲がない方は別として、国内拠点や技術を生かせるエンジニア職もあるので、まずはチャレンジしてみましょう。
日常の業務の中で英語力をアップさせることもでき、社内語学制度で積極的に英語力のブラッシュアップも可能です。
そのため、入社時は英語を使って仕事をするのは不安がある方も、努力次第で海外出張や海外赴任のチャンスも与えられます。
なお、採用の選考の中では英語での自己ピーアールや会話が求められる場面がありますが、英語力が必須の職種を除き、英語ができる、できないで最終的な合否が決まるわけではありません。
もっとも、入社後は英語を使用する機会が増えますから、内定を得たら英語の勉強をスタートさせ、入社後も業務や職場でのコミュニケーションに役立つ英語を学んでいくとベストです。