人材育成のスケールを見てみると

スケールについて見てみると、人材育成はかなりの面で私たちの社会生活や会社での働きぶりに関わってくるといわれています。
これは、人格や能力といったものが個人がもともと持っているものの他に、団体の中に所属することで発揮される部分があるからです。
最近はかなりの面で企業でも新人教育などの際に人材育成を重視するようになり、その内容によってかなりの面が強調されるようになりました。
企業で使える人材を作るには、基本的に個人の能力を上げることが大切ですが、その他の要素も大事です。
協調性や独自性、臨機応変に対応できる部分など、組織人として生きていくにはかなりの要素が必要になってくるので、これらをバランスよく組み合わせて教えることが大切です。
http://www.shake.co.jp/