メガネもコンタクトレンズも不要の視力矯正治具がオルソケラトロジーです

コンタクトレンズが発明された時は、メガネが不要になりわずらわしさから解放されたともてはやされました。
実際に、メガネをかけることによる制約、たとえば激しいスポーツとかは出来ないとか、温度変化で曇るとかの不便さは一掃されました。
しかしながら何かが瞳に触れたら外れたとか、場合によっては風が強くて飛んでしまったとかの問題点は残っています。
元々、角膜のカーブを変えることで、適正視力を得るのがコンタクトレンズの理屈です。
それを応用して、かつコンタクトレンズの弱点をクリアしたのがオルソケラトロジーレンズなのです。
寝ている間に、柔らかい角膜に癖をつけて適正なカーブにすることで、光の屈曲を正しいものにすることで適正視力を得る方法です。
具体的には、個別に制作されたオルソケラトロジーレンズが、利用者の睡眠中に角膜をかっちりと固定して正しい形に整えるのです。
そうすることで翌日は屈折異常が強制されているので、裸眼でクリアな視界を確保することが出来るのです。
オルソケラトロジーレンズを眠っている長い時間装用していると角膜に「クセ」がつきレンズを外してもその形状が維持されるのです。オルソケラトロジーを眼科で治療。東京 池袋 眼科・松原クリニック。