キャッシングの概説

キャッシングは金融会社が提供する小口融資です。
保証人や担保は必要としないので比較的簡単に融資を受けることができるということで、年間で1000万人以上の人が利用しているとされています。
利用者の年齢割合は20~30代の人が50%を占め、その内3人に一人が女性であり、最近ではキャッシングは男性が利用するものというような概念を覆しつつあります。
1回のキャッシングで利用する金額の平均は15万円程度となっており、ある程度まとまった金額を借り入れしているというのが分かりますね。
用途は生活費に充てるケースが最も多く、次いでショッピングや旅行といった娯楽、医療費や冠婚葬祭費用などの一時的な出費、そしてほかの借り入れの返済に充てるという使い方をしている人もいるようです。
使途限定はないのでどのような用途に使用しても構いませんが、融資商品の特徴から、利息負担を減らすためにはなるべく少額の借り入れで、早く返済をしていくということが必要とされています。